NEWS

愛知県美術館「ジブリパークとジブリ展」

2022-10-21 17:12:51 guanli 42

愛知県美術館、ジブリパーク開園記念で、誕生の舞台裏紹介する「ジブリパークとジブリ展」、10月29日から

スタジオジブリ作品の世界観を表現した公園施設「ジブリパーク」が2022年11月1日、愛知県長久手市の「愛・地球博記念公園内」に開園する。

開園を記念し、名古屋市の愛知県美術館は、ジブリパーク誕生の舞台裏を紹介する「ジブリパークとジブリ展」を2022年10月29日~12月25日に開催する。1666343356173914.jpeg

制作現場を指揮する宮崎吾朗監督は、「サツキとメイの家」や「三鷹の森ジブリ美術館」をてがけ、映画『ゲド戦記』『コクリコ坂から』『アーヤと魔女』などのアニメーション作品を生み出してきた。ジブリパークはアニメーションで描かれた世界を実際に自分の足で歩き、発見する場所。ジブリパークの開園を記念して、制作の舞台裏を垣間見られる展覧会が、ジブリパークの地・愛知県で開催される。


「ジブリパークとジブリ展」では、ジブリパークの制作現場を指揮する宮崎吾朗監督のこれまでの仕事と作品を振り返るとともに、スタジオジブリがジブリパークをどう考え、描き、つくっているかを、初公開となる数々の政策資料とともに紹介。誕生に至るまでの背景、施設にまつわる秘密に迫ることができる。


「ジブリパークとジブリ展」愛知会場

ジブリパークの制作現場を指揮する宮崎吾朗監督の、これまでの仕事と作品を振り返るとともに、スタジオジブリの最新作ともいえる「ジブリパーク」をどのように考え、描き、つくっているのかを、初公開となる数々の制作資料とともに紹介。ジブリパーク誕生に至るまでの背景、施設にまつわる秘密に迫ることができる。「ジブリパーク」の新たな楽しみ方に出会える特別な展覧会となっている。


ジブリパークは、アニメーションの世界を自分の足で歩き、秘密を発見する場所。公園の地形を生かして建てられた建物や、もともと屋内プールだった施設の中につくられた「ジブリの大倉庫」には、ジブリの秘密がいっぱい。


ジブリパークにはこんなものがある!

「ジブリの大倉庫」に登場する「にせの館長室」を再現展示。映画『千と千尋の神隠し』の湯婆婆が執務室で仕事に没頭する姿を見ることができる。


ジブリの大倉庫と同じく、11月1日に開園する「青春の丘」では、映画『耳をすませば』に登場するバロンに出会える。本展では、バロンの人形を制作する過程で使用された素材や模型などを展示。

2024年3月開園予定の「魔女の谷」には、映画『ハウルの動く城』に登場する「ハウルの城」が建てられる。本展では、ハウルの城を建てる過程で使用された貴重な模型を展示。ハウルの城 右前脚部の原寸大模型もある。


映画『千と千尋の神隠し』のワンシーンが登場!主人公・千尋の気分になってカオナシと一緒に記念撮影をしよう。

ジブリパークの「どんどこ森」に建つ映画『となりのトトロ』の「サツキとメイの家」は、2005年「愛・地球博」のパビリオンとして、宮崎吾朗監督が陣頭指揮を執り、本当に人の住める家として建てられました。本展ではこの家を再現し、内部の写真も公開。さらに、実際に使用された部材を使用したパーゴラ(格子状の日除け棚、書斎のテラスに設置されていた)も本物と同じサイズで登場する。


本展冒頭では、映画『となりのトトロ』でおなじみの「ネコバス」が皆さまをお出迎え。

子どもから大人まで座って楽しめる。